top of page
  • Admin

【SDGs】“うまれる”ことを再体験 いのちを考えるアート作品 プラネタリウムで上映 テレビ高知





公益財団法人大阪観光局と高知県との包括連携提携の一環として 高知市科学館オーテピアにてLIFE®︎いのちの試写会が実施されました。


受付には高知大学から学生さんがお手伝いに!

公益財団法人大阪観光局  MICE政策統括官 兼 万博・IR推進統括官  田中嘉一様より万博の取り組み





そしてLIFEの可能性をお話し下さり

その後、高知県、高知市から 行政、大学、教育、医療関係者130名を超える皆様方へLIFEをご覧頂きました。


スペシャルゲストとして 高知大学の吉岡一洋先生から ご感想と今後の展開をお話し頂きました!


早速、高知大学の吉岡先生たちと学生さん達と何かがはじまる予感

試写会後「自分へ、これまでよく頑張ってきたな。って伝えました。

特に若い人達へ届けてあげたい。 県としても応援させて頂きます」

「自分で選んで生まれきたんだと思ったら涙が溢れてきました」など、心温まる言葉を頂きました。






学生さん達も皆んな感動していました。 上映後は学生さん達とも意見交換しました。

いのちや生き方を皆んなで考える LIFEがきっかけとなり、そんな場をどんどん増やしていきたいと思っています。


高知テレビニュースに取り組みの様子が流れました

前例がない前代未聞となる 試写会の実現にいたりまして 関係者の皆様方には沢山のご協力を頂き 心より感謝申し上げます


そして、その作品が大学付属病院に展示されるそうです!

感動から湧き起こる力が 新たな作品を生み出し 作品にふれた方々へ 勇気や希望を伝えていく動きが生まれようとしています。


感動から次のアクションへと繋げていくことで 街全体で「豊かな心」「創造力」「生き抜く力」 を育んでいきます。


「感動の連鎖の先にある未来を描く」

新しい世代から どんなテーマが生まれくるのか今から楽しみです!

【SDGs】“うまれる”ことを再体験 いのちを考えるアート作品 プラネタリウムで上映  https://newsdig.tbs.co.jp/articles/kutv/200202?display=1

0件のコメント
bottom of page