大阪・関西万博 -TEAM EXPO2025-共創チャレンジ

100年後も続く
愛といのちのアートプロジェクト

「アート」と「こころ」

 時をこえてよみがえる あの日みた感動

愛といのちの連鎖を、アートで受け継いでいく

「涙がひとつ流れた。なんでだろう涙がでてくる。」

 

「LIFE®︎いのち」を観た4歳の子がと言ったそうです

 

この子が大きくなり、我が子を授かった時

 

この日のことを思い出すかもしれません

 

もしかすると、親子で一緒に観れる日が来るかもしれません

 

愛といのちが継承され わたしたちは今ここにいます

 

自分のこころと深く結ぶもの それがアートです  

まるでタイムスリップしたかのように

 

時をこえて 感情さえも 甦らせてもくれます

 

お母さんお父さんと一緒に見た「LIFE®︎いのち」を

 

大人になって 我が子と一緒に見にいく

 

そこで あの日みた 気持ちが蘇る

 

 

愛といのちの連鎖が自分の中に受け継がれてきたことを

 

こころから感じる

 

 

「LIFE®︎いのち」 100年後も続く

 

愛といのちのアートプロジェクトは

 

受け継がれていく愛といのちの記憶を

 

後世のこころへと継承していくことを目指します

スクリーンショット 2021-05-20 11.08.27.png
E_SDG_logo_UN_emblem_horizontal_WEB.jpg
共創プロジェクト
地方創生 / ひとづくり・まちづくり
​日本が抱える「自尊感情の低下という課題」に向け
 

アートを通じた「​Wellbeing」

ありのままの自分を心の底から受け入れることは

自分らしく、力強く生きていくためにとても大切なことです。

そのために「今ここにあるいのち」を宇宙と繋がりながら

壮大なスケールで感じていきます。​

 

定期的に、継続的に。

親子が「いのちの原点」に触れる機会を届けていくことで

自尊感情を高め

街全体で「愛と感謝」に溢れる力を育んでいきます。

「LIFE®︎いのち」による​AWE体験

脳科学でも注目され、解明されてきた「AWE体験」

大自然や大宇宙の広大さや悠久さに心が打たれ、

鳥肌が立つくらいの感動をしている状態をAWE(オウ)体験といいます。

AWE体験をすることで、

人は謙虚、素直、感謝、利他、慈悲などの感情が湧き起こります。

このときに、脳は何十倍、何百倍も活性化することがわかってきました。

脳科学者 岩崎一郎氏 HPより参考

AWE体験がもたらす効果

米国・アリゾナ州立大学のシオタ博士による研究報告

1.マインドフルネスを行ったように、

何ごともありのままに受け取ることができるようになる
2.心と身体をリラックスさせる
3.好奇心を引き出す
4.人と心の繋がりを作る
5.利他の心を引き出す
6.身体を健康にする
7.創造性を引き出す
8.希望に満ちた状態になる
9.幸福感が高まる
10.嫉妬心など、ネガティブな感情が少なくなる

8d36b8647ab4543126fd823e49a1d99d.jpg.web

1.  ひとを育む

人間力の核 = 自己肯定感を高めることで

創造力・生産力・社会貢献力・SDGs早期解決力を向上させていきます

※「幸福学の父」と呼ばれる米イリノイ大学心理学名誉教授

エド・ディナー博士によると

​幸福度の高い人は、そうでない人に比べて

創造性は3倍、生産性は1.3倍高いという報告されています

※世界幸福度ランキングで日本は56位(国連発表)

2.  地域愛を深める

市民・企業・街全体の「意識を変えていく取り組み」が必要  

自己肯定力・信じる力・チャレンジ力

『クリエイティビティ溢れる人間力』の向上を目指します

自己肯定感の向上 → 自他の受容 → 社会貢献マインド → SDGs 早期課題解決

活動に共感してくださる「共創パートナー」と力をあわせて
世界規模で「クリエイティブ溢れる豊かな心」を育んでいきます

定期的に、継続的に。

「いのちの原点」に触れる機会を届けていくための立体的な取り組みの全体図

スクリーンショット 2021-02-26 19.54.55.png

豊かな心を育むことはSDGsの課題の早期解決の糸口

新型コロナウィルスによって世界中で「生きること」「在り方」を考え直すきっかけとなりました。

私たちはこれから何を大切にし、どのように地域や社会とつながりあって生きていくのか。

SDGs が掲げる社会の課題を解決し、平和な世界を継続していくためには

ひとりひとりの「心の在り方」が重要になってきます。

目には見えない領域ですが、本質的になくてはならない大切なことです。

 

自分、そして他人を受容し、社会へ貢献できる、『平和で豊かな心を育む』こと

その意識エネルギーを共有し、継続していくこと

 

これらの目標を達成するために

100年後も語り継がれる愛といのちのアートプログラムの構想が誕生しました。

スクリーンショット 2022-06-16 14.37.43.png
downtown of japan.jpg

「LIFE®︎いのち」のプロジェクトはTeam Expo2025 共創パートナーである

公益財団法人大阪観光局様により「支援している共創チャレンジ」に登録されています。

取り組みがはじまった
​万博共創チャレンジプログラム
195378433_4007273302696551_111883759203214358_n.jpg

バースデープラネタリウム​

行政・企業との連携

バンドー神戸青少年科学館

 

169063674_955529881859605_18339680938370

聖地巡礼プロジェクト

聖地で「いのち」の素晴らしさを
再発見する

183369647_3917384875018728_2797563251331

地球の未来を考える取り組み

糸島市・九州大学・認定NPO・企業との連携

IMG_7564_edited.jpg

SDGS教育

幼稚園・小中高等学校・大学

自己肯定感や豊かな心を育む

SDGs教育

私たちは想いを共有し、ともに実現していく
行政・企業・団体・個人の共創パートナーを​探しています。

「LIFE®︎いのち ~うまれることを再体験~ 」は

豊かな心を育んでいくために、プラネタリウム番組として誕生し

現在、100年後も語り継がれる愛といのちアートプログラムとして進んでいます

素晴らしい未来を創っていくための核となる「心」を育むために

私たちの根幹にある「愛・いのち」に触れる場所を世界中へ創っていきます

 

映像作品(プラネタリウム・平面版)としてだけでなく

文化芸術を育む「LIFE®︎ オーケストラ」

いのちの教育プログラム「LIFE Education®︎」

​聖地巡礼プロジェクト

​地球の未来を考えるプロジェクト

 

これらを立体的に組み合わせていくことで

「愛といのち」について考えたり、感じたりする機会を継続的に届けていく取り組みです

 

行政、大学や企業、団体、民間と連携しながら 日本から世界へ発信していきます

そのための共創パートナーを、私たちは探しています

共創パートナーとして、共に取り組んでくださる

自治体、行政、学校、企業、団体、個人の方

ご連絡ください

企業・団体による​地域貢献上映

2019.11.17

​ガンママカフェ×ベネッセ