LIFE Education

自分の道を歩んでいくために。
まずは自分を知ることから。

 < 1step > 「LIFEいのち」鑑賞 【平面版上映25分】

目的:自分のいのちの素晴らしさを体感する。(自己肯定感の向上)

今後、ますます多様性が増していく中で、

人が幸せに生きていくためには、

自分軸、自分の価値観を大切にしていくことは、

必要不可欠です。

 

しかし、日本の教育において、道徳などを通じて

他者理解(人を思いやること)を学ぶ機会は多くありますが、

自己理解・自己対話について学ぶ機会は

非常に少ないのが現状です。

 

そのため

自分は本当は何がしたいのか?

何が好きで、何が嫌いなのか?

どう生きたいのか?

ということがわからないまま進んでいきます。

就職活動や自分の人生を決めなければいけない時に

普段から「自分と向きあう」ことをしていないので

どう考えたらいいのかわからない。

​なんとなくで進んでしまうケースが多いのです。

神戸市老眼大学修了式 特別公演として (神戸文化大ホール)3600名の皆様が受講くださりました
< 2step >  LIFEエデュケーターによる講演
​新しい「視点」に気づく【講演】
目的:「なぜ生まれたのか」「どう生きるのか」
 自分の生きる意味を見つけ、自己対話の大切さを理解する

自分の素直な心の声に、

どれほど耳を傾けることができるのか・・・ 

それは、「自分を大切にする」という自己受容力へとつながり、

 

他者を大切にする他者理解、

他者を受容する力へとつながっていきます。

 

そして、その日々の積み重ねは、

将来「どんなことを大切にし、どう生きるのか」ということへ

つながって行きます。

 

「なぜ生まれてきたのか?」「何を大切にし、どう生きていくのか?」 

その答えは自分の中にしかありません。

自分らしい人生を歩んでいくために、

まずは自分を知るための「自己対話」の大切さを伝えます。

< 3 step >    ヒーリングコンサート
自分を受容するために
​過去の自分を癒していく
< 4 step >    実際に自己対話を行ってみましょう。
自分軸を作っていく

大切なことは、「正しい」「間違っている」などというジャッジをしないこと。

そして、自分に素直になるということです。

 

自分の心の中を、アウトプットし続けることで、より鮮明に、

自分の中にある自分だけの人生の道しるべに出会えることでしょう。

​トークセッションや、紙に書き出す作業を行います。

Self-Link(セルフリンク)プログラムとは、

自分軸の形成に重要な

「自分と繋がること」を目的としたプログラムです。

情報や周りの環境、過去の感情にふりまわされるのではなく、

自分の感性、価値観を受容し、これからの時代に必要な力

「想像力・創造力・自分を生きる力・楽しむ力・感じる力」を身につけていくためのプログラムです。

実績例

​・揖龍教職員組合教育講演会揖龍地区の幼稚園・小学校・中学校の全先生方800名を対象)

・東光中学校区域愛護育成会総会 ・姫路市教職員組合 ・​神戸私立幼稚園連盟PTA総会

・兵庫県たつの市保育協会総会 ・兵庫県たつの市子育て応援センター研修会

・飯田市保育協会・灘区保健福祉部こども家庭支援課

・姫路市立白鷺小中学校・龍野西中学校

​美野丘小学校(単元・宇宙と生命との繋がり)

・東京未来大学

​『Self-Link(セルフリンク)』プログラム

Motherl-Link(マザーリンク)プログラムとは、母と子の心の繋がりの大切さを学ぶプログラムです

対象:マタニティー・0〜6歳までのこどもを持つ親

 実績例

・鼎みつば保育園保護者会

​長野県飯田市保育協会

・​旭こども園

・まあや保育園

・社会福祉法人 純正福祉会はるまち保育園

・井吹台中学校(性教育の集大成として)

・子育て交流会 なだっこ地域の輪 主催:灘区保健福祉部こども家庭支援課

『Mother-Link(マザーリンク)』プログラム

Earth-Link(アースリンク)プログラムとは、

宇宙や地球との繋がりを実感し、

今ここにあるいのちと繋がるプログラムです。

 実績例

書写山 【映画ラストサムライ撮影地 主催:Feel&Sense  後援:姫路市教育委員会】

・弥生の森星空シアター【新宮宮内遺跡 主催:たつの市教育委員会】

​あやべ結び×LIFE 【京都綾部 主催:LIFE実行委員会 後援:あやべ市民新聞社・エフエムあやべ】 

・​葦舟祭り【兵庫県 城崎 主催:葦舟祭り実行委員会】

​『Earth-Link(アースリンク)』プログラム
Self-Link(セルフリンク)プログラムの一例
​東京未来大学の授業の一環として取り入れられました

東京足立区にある東京未来大学の子ども心理学科(子ども保育教育専攻・子ども心理専攻)の

学生約320人がギャラクシティのプラネタリウムに足を運び、

授業の一環として「LIFEいのち」を鑑賞しました。

鑑賞後、どのような気持ちの変化が起こったのか、アンケート調査実施。

 子ども心理学科320名の学生さんの7割が

「自分の中で大きく気持ちが変わった。」「少し変わったと。」回答

​その後、LIFE educationとして講義を開催。

生徒の多くが、大学では専門的な講義は多いが、このような話を聞いたのは初めてだった、もっと早く聞きたかった。

勇気をもらったなど答える学生が多数いた。

​LIFE educationを体験された皆様からのご感想

​一生の思い出に残る話

— 小学生

あらためて

命の大切さがわかった。

人生の中で

一番大切な日​。

— 小学生

​宇宙の誕生から生まれるまでの流れを見たとき、今あることの大切さを感じた。

​未来へ進むための勇気に繫がった。

— 大学生

​日々、育児をする中で

(まるで干からびた田んぼに水が入るように)

トゲトゲ・カピカピになった心にうるおいが生まれ、

我が子が愛おしく尊い存在だと

再認識させられました。​

— 保護者

2人の子どもと映像を見ながら

抱っこした時、本当に感動しました。

そのぬくもりに、私が忘れていた

​子供への思いを改めて思い出させてもらいました。

— 保護者

​LIFE Education

​ご検討の方は

こちらまでご連絡ください

info@feelandsense.co

050−3636−5770

配給・番組上映・取材・スポンサー
お問い合せはこちら

©2017 by life-planetarium all rights reserved.​