​日本の聖地で
聖地巡礼
​日本の聖地で、いのちの概念を再確認する。

日本人は、はるか昔からSDGSの精神を持っていました。

それは「森羅万象」すなわち「万物・自然への敬意」という価値観です。

 

人間は生かされているという考え持ちながら、自然とともに歩んできました。

 

それは、目に見える生物学的ないのちの捉え方だけではなく

目には見えない 脈々と繋がってきた 

大いなるいのちの一部であるということ

 

個の生命ではなく  全体として、

ひとつらなりのいのちである概念を

大切にしてきたからです。

 

 

そこから生まれてきた「叡智」は、衣・食・住、芸術・文化・建造物・遺跡など、

いのちの営みとしてあらゆるものに生かされてきました。

 

世界最古の国である「日本」。

 

日本人の精神性や知恵が生かされている

「自然・神社・仏閣・史跡・伝統文化」などから

各地域に眠る精神や価値観を、感性で受け取る旅を通じて

私たちの原点である「いのちの概念」を再発見します

​日本神話の聖地 

出雲大社奉納上映 島根県

Izumo Taisha

246508855_4404671312956746_5179260098947057475_n.jpg
182480808_3917381485019067_486004072104766135_n.jpg

​天空の城 竹田城跡 兵庫県 

夜桜ライトアップ

Takeda Castle

​日本遺産 書写山円教寺 姫路

​紅葉まつり

Shoshayama Engyoji Temple

180944372_3917382611685621_7068426526192352441_n.jpg
2360-49-H.jpg