top of page

LIFE Exhibition

​いのち展

 - Warmth I Remember - 

いのち展 木製パネル.jpg

高野山
世界遺産20周年
​記念イベント

​いのちの根源につながる

「自己を超え万物と繋がる感覚を体感する」
 
ARTと悟り​

1970年代に胎内を撮影された世界は 神秘という言葉を超え「宇宙意識の領域」が広がっていました

実写の写真と言葉の力でARTとして昇華し 

音と映像と特別な空間

これらを通じて自己の中にある深層意識と繋がっていきます

目で観るのではなく心で「感じる」=「Feel」していく 

五感六感すべてを研ぎ澄まして感性で感じながら

その先にある「繋がる=一体となる感覚」を味わって頂けましたら幸いです。 ​

 

Artist / 橋本昌彦・橋本さやか

348358066_647483043381495_8993898489328191649_n.jpg

開催場所

高野山金剛峯寺 別殿
〈金剛峯寺の拝観料必要〉

2024年8月23(金)〜 9月23(月)
​  

※お申し込みは必要ございません

崗´’ë‚P.JPG

第2回 高野山特別展示開催に向けて

今年で高野山での開催は2回目となります。
昨年、私どもにとっては初めてとなる「いのち展」を、高野山弘法大師空海御誕生1250年特別記念企画として、高野山金剛峯寺の特別室貴賓室「奥殿」にて開催させて頂きました。

「いのち」を展示で表現する手段としては初めての試みとなりましたが、ご来場くださいました高野山関係者はじめ、国内外より多くの方々が涙を流し、中には「まさに空海さんの世界。お大師様が伝えておられた密教の世界がまさに表現されている。」とおっしゃってくださった方もおられました。

お陰様で、大変多くの方々にご覧頂きましたこと心よりお礼申し上げます。

高野山は日本を代表する弘法大師空海が開いた聖地です。
いま、世界が「KUKAI」に注目しています。
それは、混沌な時代となった今、1200年以上前にすでに高次元での社会システムを創り上げた偉人だからではないでしょうか。

今年は、思いもよらぬ過酷な幕明けとなりました。被災者のみなさまには心よりお見舞い申し上げます。復興を祈りつつ、今年は、より多くの方にご覧頂きたいと考え、金剛峯寺の中にある蟠龍庭を眺めるお部屋「別殿」にて開催させて頂くことになりました。

2匹の龍が表現されている蟠龍庭。
この2匹の龍は胎蔵界と金剛界を表しています。

龍はこの自然界、宇宙の真理・エネルギーを表現するものであり、同時に私たちの中にも存在するものです。

双方の力が極まる時、それは私たちの「いのち」がこの世界に誕生する瞬間なのです。
私たちの誰もが皆、その輝きを放ちこの世界に生まれてきた尊い存在なのです。

「いのちの輝き」それは神秘を超えた神様仏様の神域の世界です。
その世界をすべて本物の写真で表現されたこの神域の世界に、触れて頂きたいと思います。

 

DSC08003.JPG

過去の開催場所

弘法大師空海御誕生1250年記念大法会世界遺産高野山 金剛峯寺 奥殿

〈通常非公開 特別公開〉

5/14 - 7/9  毎週土日 各回30名 

​​LIFEいのち上映25分+いのち展 約45分​

 
​※奥殿 日本最大級の広さの石庭 
蟠龍庭に囲まれた通常非公開の特別室

宗祖弘法大師​空海1250年記念大法会記念作品

橋本昌彦・橋本さやか「HOW WONDERFUL LIFE IS」

​高野山真言宗総本山金剛峯寺収蔵
353071067_231709096391316_5634687819292699223_n_edited.jpg
「HOW WONDERFUL LIFE IS」​作品に込めた想い

本作品の宇宙に胎児が浮いているような写真は、1960年代にお腹の中を撮影した一枚の「本物」の写真です。

後ろに見える星のようなものもCGではなく「実写」です。

お腹の中は、まさに宇宙のような世界が広がっていたのです。

 

あらゆるいのちの源である宇宙の始まりは「ゆらぎ=阿(あ)」から始まったと言われています。

先人達は、宇宙の写真等が無い時代にも関わらず、大いなるものの存在を理解していました。

その大いなる存在=大宇宙を「大日如来」とし、一文字で「阿(あ)」と表したのです。

この「阿(あ)」という文字の奥には、いのちの源であり、すべてが受容される世界である大宇宙〈胎蔵界〉が広がっています。

だからこそ「大いなる力が宿る神聖文字」として大切に受け継がれてきたのです。

 

時を超え、お腹〈子宮〉の中で生命が創られていく様子は、銀河系宇宙の星の誕生そのものでした。

まさに子宮の中で「小宇宙」が広がっていたのです。

子宮という臓器は、他者の細胞を受け入れる、唯一拒絶反応しない臓器です。

すべてを受容する寛大な愛の世界は、まさに胎蔵界を表しています。

 

すべての根源であり大いなる宇宙「阿」と、子宮の中の「小宇宙」は共鳴し続けていたのです。

「生まれる」ということは、この受容の世界からの分離を意味します。

私たちは孤独・不安から逃れようと、あらゆる行為を無我夢中で繰り返しています。

自分が何者なのかを忘れた魂は、宇宙との繋がりを取り戻そうと葛藤しているのです。 

 

あなたのいのちがここにあるということ。

「大いなる宇宙とお母さんの子宮という小宇宙との共振共鳴により創られた、愛そのものの存在であり

遙かなる時を超え、願い願ってやっと手にすることができた尊いものであること。そのことを忘れないで欲しい。」という願いを込めこの作品を制作いたしました。 

橋本昌彦 / Masahiko Hashimoto

353418193_6216816395092992_7129360747657380865_n_edited.jpg

奉納式典

2023.6.14 青葉まつり

弘法大師空海御生誕1250年大法会を記念しまして制作いたしました「HOW WODERFUL LIFE IS」を高野山真言宗総本山金剛峯寺へ御奉納いたしました。

右 高野山執務公室長 弘法大師御誕生法会事務局長 薮邦彦様 左 橋本昌彦監督 橋本さやか 

当日は約700名の皆様方にお越しいただき、LIFEいのちの特別上映会後に奉納式典が開催されました。

3.jpg
364200695_670562921220939_4732972391330658327_n.jpg
360044955_819988889526054_4405072587020515133_n.jpg
360044955_819988889526054_4405072587020515133_n.jpg

​高野山金剛峯寺「新別殿」にて展示

​現在は数々の巨匠の作家の皆様方の作品が展示されておられます金剛峯寺新別殿 巨大な曼荼羅図の左側に展示していただいております。是非、高野山へお越しの際はお立ち寄りください。

高野山公式サイト

いのち展 海外用ポスター 表.jpg
いのち展 .jpg

Shop

​いのち展の作品はこちらでご購入できます

351558093_6317829708307554_3534300293656051968_n.jpg

​いのち展についてのお問い合わせ

​いのち展の開催について・メディア等のお問い合わせはこちら

bottom of page